体幹を鍛えて腰痛を予防!|痛みを治す方法

ナース

関節に痛みのある病気

手

関節が炎症をおこし痛みや腫れをおこす病気をリウマチといい、特に手足に症状が多く出ます。男性よりも女性に多く出やすいというのも特徴のひとつです。はじめは熱っぽい、食欲の低下、体がだるいなどの症状ですが、進行すると骨や軟骨が破壊されそのまま放置すると関節が変形してしまいます。こうなると激しい痛みがありに通常生活にも支障が出ることもあります。この痛みは免疫機能の異常により起こると言われています。過労やストレス、または細菌感染などで発症しやすいとも言われています。早い段階なら投薬治療などで簡単に治すことが出来、世田谷にもリウマチ専門の病院があるので、おかしいなと思ったら是非一度早めに世田谷のリウマチ病院を受診することをおすすめします。

リウマチの痛みの原因のひとつに、過労やストレスが挙げられます。過労やストレスが溜まりにくくするにはまず十分に睡眠をとることが大切です。特に強い疲労感を感じる時は無理をせずに昼寝をするなどゆっくり休むようにします。また、家事なども長時間立ちっぱなしは膝に負担がかかるので、椅子を用意するなどして座って出来る作業は座って行うようにします。他にも布団ではなくベットにしたり、トイレも和式から洋式にすることで関節の負担を軽減することが出来ます。また世田谷の病院に通院してリハビリ治療を行うこともおすすめです。関節が強張ることで痛みも強くなるので、定期的にストレッチを行うことで痛みを軽減することが出来ます。世田谷の病院だけではなく自宅で出来るストレッチもあるので医師に相談してみるといいと思います。特に入浴後は体が温まりほぐれやすくなっているので、ぜひおすすめします。